メニュー

おかえりのキスをしたいと思い出会い系サイトしてみた

2016年7月18日 - 思う

仕事を終えて帰宅しても独り暮らしの私にはペットの犬しか出迎えてくれず、部屋には人恋しさが充満していました。
彼氏がおかえりのキスをしてくれたらさぞかし楽しい人生を送る事ができるのにと思いながらお風呂へと向かいました。
そのお風呂場で考えたのですが、出会い系サイトで彼氏を見つける事ができたら本当におかえりのチューをしてもらう事も可能になるのではないかと思うのです。
私は早速お風呂から上がり顔にはパックをしてスマホを操作しました。
用心深い性格の為、念のために出会い系サイトの評判などもチェックしておき問題なさそうなサイトへと登録を済ませておきました。
彼氏からのおかえりのチューを想像しながら布団に潜りこんだ私は翌朝のメッセージに期待を抱きながら眠りに就きました。
そして朝日が照らしている最中、スマホを操作して出会い系サイトにクリックしてみたのです。
私が寝ている間にこんなにもと言うくらいのメッセージがカウントされており、忙しい朝だというのに支度をしながらメッセージを確認していきました。
電車内でも同様にメッセージを確認していくと30代のパティシエに魅力を感じてしまったのです。
こんな男性が彼氏になってくれたら毎日ケーキ食べ放題かもと涎が出そうになりながらメッセージを読んでいました。
その妄想は1ヶ月後には現実のものとなり、男性が働くケーキ屋さんに招待されて大好きなチョコレートケーキをごちそうになったのです。
おかえりのチューはまだしてもらえていませんが、ケーキよりも甘いキスは毎回しています。

【兵庫県|20代|女性|セラピスト】

タグ: